公園の紙芝居屋さん#1

最後の紙芝居師免許が失効した昭和58年以降、公園で駄菓子を売りながらの紙芝居屋さんはできなくなりました。昨年より国立市内の公園で街頭紙芝居の実演を続けてきましたが、駄菓子の販売はできずにいました。
今回初めて、国立市のご協力のもと、公園で飴やかたぬきを売りながらの紙芝居屋さんを実現できました。

今後、国立市の公園を北から南までまわりますので、小銭を持って、小学生以上はできるだけお子様だけでご参加下さい

巡回予定は市内の掲示板、または当ブログで告知します。

- – -


北第2公園

公園協力会の中原さん(北2丁目みどり会会長・くにたち桜守副代表・東京多摩日本花の会代表)のご協力で、つつがなく初めての公園でのカタヌキ販売ができました。市民恊働推進課の馬橋課長とご家族もお越し下さいました。


北第1公園


中ふれあい公園

- – -

なお、駄菓子の販売にあたっては、東京都多摩立川保健所より行商鑑札(菓子行商)を取得しておこなっています。


行商鑑札(菓子行商)


コメント記入欄