第15回文化庁メディア芸術祭・受賞作品展での紙芝居実演

インターネットの街頭紙芝居『即席紙芝居』が、第15回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門で、審査委員会推薦作品に選ばれました。

文化庁メディア芸術祭は、アート部門、エンターテインメント部門、マンガ部門、アニメーション部門の4部門において、優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供することを目的とした、文化庁が主催するメディア芸術の総合フェスティバルです。国内外に紹介して下さるので、街頭紙芝居の保存活動にとっても、国立市のアピールにとっても、ささやかながらプラスになればと願っています。

2/22(水)〜3/4(日)、国立新美術館で開かれた受賞作品展で、会期中の土日、計16回実演をさせて頂きました。去年の来場者数が7万人を超えるなど、国内最大級のメディア芸術の祭典で、大勢の方にご覧頂きました。

.


実演させて頂いた、本展示場の国立新美術館。その他サテライト会場として、東京ミッドタウンd-labo、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、ニコファーレ、メルセデス・ベンツコネクションでも展示やイベントが行われました。
.


写真はメルセデス・ベンツコネクション前、アニメーション部門大賞『魔法少女まどか☆マギカ』のラッピングカー。

.

© 15th Japan Media Arts Festival


即席紙芝居の実演風景。後ろに写っているのは、エンターテインメント部門大賞の『SPACE BALLOON PROJECT』。
即席紙芝居は話題作りのために奇をてらっていると誤解されがちだったので、専門家の方々に評価を頂けたことは有難かったです。
.

© 15th Japan Media Arts Festival


実演させて頂く度に自然と写真のような人だかりができ、急遽イベント管理会社の方が入られるなど、異様な光景になっていました。
.

© 15th Japan Media Arts Festival


壁にあるモニタでは、「国立市が後援する国立紙芝居という取り組みを通し」というテロップ入りで、国立市内の公園での実演風景を流して頂きました。推薦作品紹介コーナーでも、同じ映像が終日流れていました。
.

© 15th Japan Media Arts Festival


昭和の街頭紙芝居も実演しました。
ブログやtwitterなどでも、多くの反響を頂きました。こんな嬉しいご感想も。
http://ameblo.jp/tm405/entry-11183236327.html

ありがとうございました!
.

【即席紙芝居とは】文化庁メディア芸術祭の説明文(リンク先より抜粋)
その場で撮った子供の写真や、画像検索APIで好きな動物などの画像を取得し、テンプレートにはめ込んで紙芝居師が即興で語りを付ける、即席の街頭紙芝居専用Webアプリケーション。紙芝居師である作者の経験から、今後の街頭紙芝居のあり方を模索し、「インターネットを使って個人的なことを皆で楽しむ装置」をコンセプトに制作された。東京都国立市の後援のもと、実際に街頭でアプリを使用して子どもたちに駄菓子を売る「くにたち紙芝居」の活動を通し、現代版街頭紙芝居の実践を試みている。


コメント記入欄