紙芝居屋さんの画

希少な加太こうじ作品で紙芝居ができる iPad向け無料WEBアプリ

作・画 : 加太こうじ     実演 : 永田為春 / 佐々木遊太     制作・運営 : 国立紙芝居

はじめに

写真提供:国立駅前大学通り商店会
昭和恐慌により失業者が溢れ返る昭和5年、日銭を稼ぐ手段として生み出された紙芝居屋さん。終戦の翌年の昭和21年、復員兵や失業者がその日から始められる商売として再び全盛期を迎え、東京だけで3000人もの紙芝居屋さんがいたと言われています。幼稚園や図書館などでお馴染みの印刷紙芝居や、教育現場やイベントで盛んな創作紙芝居も、紙芝居屋さん(街頭紙芝居)から生まれました。そんな日本発祥の文化である紙芝居は、海外でも「KAMISHIBAI」と呼ばれています。
しかし最期の紙芝居師免許が昭和57年に失効して以降、街角で紙芝居屋さんはできなくなり、現在では子供相手の菓子行商人からイベント実演者へと変化しています。
紙芝居屋さんで使われていた画は、手書きの一点ものでした。画の貸し出しを行う「貸元」と呼ばれる業者から依頼を受けた作家と画家が、「続きはまた明日」のその先を紡ぐため、来る日も来る日も話を作り、画を描いていたのです。SF、チャンバラ、怪奇、ドラマなど、毎日様々な紙芝居が生み出され、子供達を魅了しました。
しかし高度経済成長期の中で職が増え、テレビなど娯楽の選択肢が増えると、紙芝居屋さんは次第にその姿を消していきました。そして市場価値の低かった画は、空襲で焼け、捨てられ、バラバラに売られ、今では残っていても閲覧することも難しい状況です。また作画・台本・貸元と権利関係が分かれ、所有者が不明なことが多いため、印刷などの二次利用は困難です。
そんな中、加太こうじ氏のご遺族にご協力頂き、インターネットとiPhone・iPadがあれば、世界中いつでもどこでも紙芝居ができる形で、原画のデータを公開させて頂けることとなりました。

*このコンテンツで使用されている画像・音声・台本は著作権者の意向で、商用目的での利用はご遠慮下さい。

配信作品

*随時更新
プラパゴン
冒険活劇 2巻
怪天鬼
時代物 1巻
吹雪峠
新派 3巻
沼男
サスペンス 1巻
空飛ぶ王子
冒険活劇 3巻
原子人間
SF 10巻
トン子都へいく
新派 2巻
猫車
怪談 5巻
山彦ボーイ
新派 1巻
雪女
時代物 1巻
ちりゆく花
新派 3巻
空中魔城
SF 13巻

コンテンツ概要

スター作家・加太こうじ氏の作品

街頭紙芝居におけるスター作家、加太こうじ。街頭紙芝居が生まれた翌年の昭和6年に、若干14歳にして家計を支えるため紙芝居作家となりました。永松武雄から引き継いだ黄金バットのほかにも、オリジナルのヒット作を連発し、人気作家となりました。作家としてだけでなく、興業においても中心的存在となり、組合をつくったり、水木しげるに紙芝居作家としての道をつけたり、漫画家になる前の白土三平の親方でもありました。
街頭紙芝居が衰退する昭和35年頃、鶴見俊輔の誘いで文筆業に転身し、鶴見が創刊した「思想の科学」の社長も10年間務めました。
そんな加太こうじが昭和20年代~30年代に制作した希少な画を、ご遺族のご了解のもと無料配信しています。

紙芝居屋さんによる実演

画とともに独特な発展を遂げたのが、語り口です。子供達が明日も飴を買いに来るようにと、商売を軸に精錬された語り口は、屋外の子供達の注意を引き、物語に没入しやすい機能で満ちています。芸能として継承される型ではなく、行商人の技術として自然と伝播したのであろうその語りは、子供相手の菓子行商人からイベント実演者へと変化する流れの中で失われようとしています。
このコンテンツでは、最盛期から紙芝居屋さんを続けている永田為春氏の音声と、現代の紙芝居屋、佐々木遊太の音声も同時に配信します。
場のコミュニケーションを操る抜きは、iPad・iPhoneのスライドではなく、紙の場合の操作と感触を再現しました。
本物の紙芝居屋さんの画に本物の紙芝居屋さんの語りで見せたり、音声を真似て練習した後、台本をダウンロードしてご自身で紙芝居をすることもできます。
*台本配信サイトはこちら
*テキスト:街頭紙芝居10則